漆喰工事

当社では、一つだけの素材にとことんこだわった漆喰工事を行っています。
その材料は、スイス産の“カルクウォール”。
特別なスイスにある地層から産出した石灰と大量の石灰石を加えた天然成分100%の素材で、世界中でもっとも品質の高い漆喰として、教会や城の壁に使用されるほど。

透明感のある白さが特徴的なカルクウォールは、合成樹脂を含まない本物の漆喰ですので、防火性が高く有毒なガスを出さない上に、断熱性・耐水性・耐汚染性を持つ優れモノ。
また、色あせをほとんどしないため、ほぼメンテナンスフリーで白さを保つことが可能です。

 

◎メリット

■優れた調質性と吸収性
カルクウォールは、壁自体が呼吸をする自浄効果を持っており、室内の空気を清浄に保つ効果があります。
タバコの臭いや有害化学物質も吸着して浄化するため、室内環境を改善してくれるメリットがあり、医療機関や福祉施設にも使用されている内装素材です。

■カビ・ダニの発生をとことん抑える
アレルギーを誘発するカビ・ダニは湿気とホコリが増えることで発生してしまいます。
カルクウォールの漆喰に塗り替えることで、呼吸性と調湿効果によりダニ・カビの発生を抑えることが可能です。

カルクウォールの持つPH12.4のアルカリ性によってダニ・カビを死滅させる上に、湿気をコントロールしてくれるため、カビなどの菌類が生息できない住環境に整えてくれます。

 

◎デメリット

■外壁が乾燥していることが条件
色あせはほとんど起きない代わりに、問題となってくるのは「汚れ」です。

素材本来がものすごく白いので、少しづつですが、汚れが目立ちやすくなってしまいますので、いくら自浄機能が付いているとはいえ、期待しすぎないよう注意する必要があります。

【日が当たる】
【乾燥している】
【油汚れがない】
【雨だれが常時かからない】
といった条件が、汚れ防止に非常に重要な役割を果たしてくれますので、お住まいにカルクウォールを使用する際は、上記の条件をクリアできるか確認してから工事を行うと良いでしょう。

■クラックが発生しやすい
カルクウォールには、弾性(ねばり)がないため、下地が動くと、それに接着面がついていけず、ひび割れが起きてしまいます。

ただ、そのひび割れから雨が構造内部に浸み込むというような事はありません。
そのひび割れが起きた場合でも、下部にはしっかりと防水シートを取り付けてから施工いたしますので、ご安心ください。

津市でタイル工事・外構工事・漆喰工事でお困りなら藤川タイルへ
【電話】 090-4080-3179
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】 津市を中心に三重県内

一覧ページに戻る